EU、英離脱に向け移行期間延長の構え

欧州連合(EU)は18日、英国のEUからの離脱を円滑に進めるための移行期間を延長する用意があることを明らかにした。英国は来年3月にEUを離脱する予定で、当初はその後21カ月間の移行期間が設定されていた。 しかし離脱後の双方の新たな関係について合意が得られないなか、メイ英首相がこのほど移行期間を「2~3カ月間」延長することを提案。EU側が受け入れを示唆した形だ。 EUのトゥスク大統領はブリュッセ…

더 읽기

タリバーン襲撃でアフガン警察トップが死亡、米国人2人も負傷

アフガニスタン南部のカンダハル州で反政府勢力タリバーンによる銃撃が発生し、同国の安全保障を統括する警察組織のトップが殺害されたことが19日までに分かった。アフガン当局者3人がCNNに明らかにした。このほか米国人2人が負傷した。 アフガン駐留米軍の報道官によると、同国で米軍と北大西洋条約機構(NATO)軍を指揮するスコット・ミラー司令官も現場に居合わせたが負傷は免れた。銃撃はミラー司令官と上記の…

더 읽기

ケリー氏とボルトン氏が怒鳴り合い、移民問題めぐり亀裂 米政権

米ホワイトハウスで18日、ケリー大統領首席補佐官とボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が移民流入の増大をめぐって激しく言い争い、怒鳴り合いに発展した。事情に詳しい情報筋2人がCNNに明かした。 トランプ大統領の側近2人の間に生じている意見対立が露呈した形だ。 トランプ氏自身は移民流入増に怒りを募らせており、この日の朝にはツイッターで南部国境を閉鎖すると警告。口論でもボルトン氏の側に付いた。…

더 읽기