米死刑囚、刑執行前の最期の言葉は「さあ、やろうか」

米テネシー州の刑務所で3日までに電気椅子による死刑執行が実施され、地元メディアは63歳の男性死刑囚が執行前に「さあ、やろうか」との最期の言葉を残したと報じた。 今回の死刑執行は1日のことで、電気椅子の使用は米国内では過去5年で初の事例としている。エドマンド・ザゴルスキー死刑囚は1984年に男性2人を殺害した罪で服役していた。電気椅子は同死刑囚が選択していたという。今回の執行は連邦最高裁への訴え…

더 읽기